雑所得にかかる税金は20万以上で支払いの義務

収入にかかる税金

 

バイナリーオプションを始めて利益が出たら、嬉しいですよね。
もしかしたら自分もこれで億万長者に…?なんてついつい考えてしまうかもしれませんね。
ですが、FXならともかく、バイナリーオプションではある程度稼げる金額の上限は決まってきます。
その中でさらに損失が出てしまったり、負けてしまうこともあるでしょうが、やっぱり一度利益を得たらもっと多く稼ぎたい!って思うものだと思います。
ではバイナリーオプションによって得た利益はそのままもらっていいのか?税金の問題は?そういった面の紹介をします。

 

 

税金について

 

バイナリーオプションで利益を得た場合、税金の扱いとしては雑所得という扱いになります。 これはFXで利益を得場合と同じになります。ですのでFXで稼いだ経験のある人はすでに分かっていることかと思います。

 

雑所得とは、所得税における課税所得区分のひとつです。
利子所得・配当所得・不動産所得・事業所得・給与所得・退職所得・山林所得・譲渡所得・一時所得のうちの、いずれにも該当しない所得のことを指して雑所得と呼ばれています。
一般的なものでは公的年金や恩給などが雑所得として挙げられます。この雑所得については年間で20万円を超えた場合は申告の義務が生じます。逆に言えば、20万円以下の場合、雑所得の申告は不要になります。

 

一年間バイナリーオプションで利益を得ていた場合は、大体の人が20万円を超える可能性があると思いますので、その際は申告しましょう。 単純に遊び感覚で、20万円に及ばないほどの利益しか出ていないのであれば、申告の必要はありません。 また、専業主婦やアルバイトをしていない学生さんなどは38万円が境界線になります。 また、年間の雑所得が20万円より下回っていた場合でも雑所得の申告をしないといけない場合があります。それはどんな場合でしょうか。

 

 

雑所得の申告が必要なケース

 

  • 年間の雑所得が20万円を超えた場合
  • 同族の会社からの給与の他に店舗の賃貸料の支払や貸付金の利子がある場合
  • 給与所得が2000万円を超えた場合
  • 2つ以上の会社から給料を受け、給与所得や退職金以外の所得金額が20万円を超えている場合
  • 勤務中の会社の他から給与所得や退職所得以外を受けている場合

 

一例ではありますが、上記の場合は雑所得の申告が必要になります。
バイナリーオプションをはじめ、それで生活できるくらいの収益を得ているのに、税金の事はよくわからない…とほったらかしにしておくと後々大変なことになりますので、注意してください!