FXよりもシンプルな方法で投資できるのがこのバイナリーオプションです。

外国為替取引(FX)の概要と特徴

 

投資の中でも外国為替取引(FX)は小額の資金で手軽に始められる為、ここ数年の間にその人気を急速に高めてきています。
外国為替取引はドルと円、またはポンドと円といった通貨ペアを取引銘柄として売買し、為替相場の動きによって損益が発生するシンプルなマネーゲームです。外国為替取引は通称FXと呼ばれており、為替相場の動きが大きければ大きいほど損益の幅も広がるのが最大の特徴です。

 

たとえば1ドル100円の時にドルと円の通貨ペアで「ドル」を購入した場合、相場が動いて1ドル120円になってからドルを売れば「20円の利益」が発生する事になります。
逆に相場が円高へと進んで1ドル80円になると購入した時に比べて「20円の損失」が発生する事になります。

 

この仕組みを利用して市場のトレンドや相場の動きを見極めつつ、通貨ペアの売買を繰り返していく事で利益を上げていくというのが外国為替取引の基本的な流れとなります。
ちなみにFXと同一視されがちなバイナリーオプションは為替相場の動きが上がるか下がるかの「二択」を選ぶだけなので、FXよりも更にシンプルな投資ゲームとして広く認識されています。

 

 

FXとバイナリーオプションの相違点

 

よくFXとバイナリーオプションを混同している人が居ますが、実際にはFXとバイナリーオプションは似ているようで全く異なる投資ゲームです。
FXとバイナリーオプションの具体的な相違点としては、先ず第一に「取引ルール」が挙げられます。

 

FXの場合は相場が動くにつれて損益の幅も広がりますが、バイナリーオプションの場合はレートが上がるか下がるかの2択しかなく、払い戻しは投資した金額に対して行われるという特徴があります。

 

また、FXの場合は投資金として1万円以上もの証拠金を預ける必要がありますが、バイナリーオプションだと数百円単位での取引が可能なので経済的負担が最小限で済みます。
外国為替市場は景気や世界情勢に左右される事が多く、FXには急激な相場の変動というリスクが潜んでいます。
しかし、バイナリーオプションの場合は景気の変動幅や世界情勢に関わりなくシンプルに取引を行える点が大きな特徴です。