投資取引に自分は適性があるかどうか把握しよう

利益の為に必要なこと

 

バイナリーオプションやFXといった投資取引は一見難しそうに見えますが、興味を持った人なら誰でもすぐに始めることが出来るという気軽さも兼ね備えています。
ですが、始めることは誰にでもできても続けていくことが出来るか、儲けをコンスタンスに出し続けていくことが出来るかとなるとハードルがあがっていきます。
なぜ、そういった事態になるのか。その要因の一つに投資取引をするために必要な「根気」の問題があります。
どういった人が投資取引に向いているのか?また、取引ごとにどういうものが必要なのかを説明したいと思います。

 

 

興味と関心を継続させよう。

 

バイナリーオプションにしろFXにしろ、結局のところ興味と関心をもち続けることが出来る人が最終的に利益を出すことが出来ます。継続は力なり、という言葉は何事にも置き換えることができますが、投資取引ではそれが顕著に表れます。ですが
「続けなきゃいけないのは面倒くさい…」そう思わないでください。
何も毎日何時間も仕事のようにずっと付きっきりでパソコンやスマートフォンの画面とにらめっこする必要はありません。もちろん、投資を生活の基盤としてガツガツ稼いでいきたい!という人ならそういうやり方もアリですが、大体はシンプルな興味からちょっとした時間で稼いでみたい!と思った人が多いと思います。
ですので、まずは一日数時間。もしくは一週間の間で投資取引に費やす時間を決めましょう。
それを継続し、習慣化することが出来るようになれば苦なく投資を続けていけるでしょう。

 

 

時間ごとの流れを知っておこう。

 

投資を始める人の多くはビジネスマンであったり、主婦や学生だったりと他に何かしらやらなければいけないことがあり、時間の融通がいつでも効くわけではないでしょう。
バイナリーオプションは時間によって活発になる売買が異なります。自分が挑戦できる時間帯はどのような動きを見せる時間帯なのか?それを把握しておきましょう。

 

朝~15時ころまで⇒あまり大きな変動がない傾向
夕方~⇒ヨーロッパ市場が始まり、トレンドが発生しやすくなる
22時~⇒アメリカ市場が加わり、活発になりやすい

 

※冬時間になると時差の関係で1時間ほど後ろにずれますが、大きな流れでみると時間帯ごとにこういった傾向があるようです。(すべての通貨ペアに当てはまるわけではありません。)

 

一定の範囲の中でレート変動が小さく上下するのがレンジ相場
一定の方向へレート変動が動くのがトレンド相場

 

これらは同じ戦略でやっていては勝てません。
夜の時間帯を中心に投資をする人は基本的にトレンド相場を想定してみる。
朝の時間帯を中心に投資をする人は基本的にレンジ相場を想定してみる。
そういった戦略立てをしてみることが必要です。