ポイントシステムを上手く活用し、投資や支払いに使用しましょう。

今からできる身近な投資術を紹介したサイトのヘッダー画像

ポイントが資産になる時代

重ねられた複数枚のポイントカード

今や当たり前となった「ポイント」サービス。
駅ナカ・スーパー・専門店など、様々なショップが独自のポイントシステムを活用して、顧客が満足のいく買い物を実現できるように努めています。

 

今となっては昔ながらのスタンプカード形式で商品や特典と交換するタイプはあまり見かけません。
その代わり多くのポイントサービスは「1pt=1円」といった具合に、1pt単位で現金と同じように支払いに充てることが可能です。

 

ポイントの利用用途は様々で、専門店やネットショップでの支払いに始まり、高級なものだと航空券のチケットまで手配できます。
つまり「ポイントを貯めることは資産を築き上げること」といっても過言ではない時代なのです。

 

基本的なポイントの貯め方

ポイントは資産です。少しずつしか獲得できませんが、最終的には大きな買い物をできるほどの価値があります。
まずは「基本的なポイントの貯め方」を確認して、効率的にポイントを確保しましょう。

 

ポイント還元の高いクレカを使う

 

クレジットカード(クレカ)による支払いを行うだけで、支払金額に対して一定の割合でポイントが付与されます。
ポイント付与割合はカード会社のサービスによって異なりますが、無料で作成できるカードでも“1%”程度の高還元率を誇る場合が珍しくありません。
クレジットカードを選ぶ段階で、しっかりとポイント還元率が高いカードを選ぶようにしましょう。

 

スマホ決済でポイントをダブル取りする

 

キャッシュレス決済はクレジットカードだけではありません。
スマホ決済」を利用して更に賢くポイントを確保しましょう。
スマホ決済は利用するだけでも独自のポイントが付与されますが、スマホ決済の残高をチャージするためにクレジットカードを活用すれば、スマホ決済利用分とカード利用分のどちらのポイントも同時に獲得できます。

 

ポイントカードをアプリで管理する

 

専門店の場合は独自のポイントシステムが用意されている場合が多いため、「ポイントカード」を活用してしっかりとポイントを回収しましょう。
しかし、店舗ごとにカードを持ち歩いていてはお財布がすっきりしません。
ポイントカードを持ち運ぶストレスで消耗しないためにも、可能な限りポイントカード機能のある“スマホアプリ”の活用がオススメです。

 

ポイントを使った投資方法もある

円とポイントが循環する様子

ポイントのを賢く扱う上で、もう1つ覚えておきたい使い道があります。
それは「ポイント投資」です。ポイント投資では、お買い物の際に付与されたポイントをそのまま不動産投資や株式投資に活用できます。
現金を使った本格的な投資が怖いと感じる投資初心者にオススメの入門的な投資方法です。

 

ポイントを無駄にしないことが大切

現代において、ポイントは大切な資産です。
お買い物に活用できる上に、ポイントでそのまま投資を行うこともできます。
「ポイントはいらないかな…」と思わずに、まずはとりあえず貯めてみるだけでも、最終的な資産形成に繋がるのではないでしょうか。