NISA制度には3つの種類があり、その中から選んで活用する必要があります。

今からできる身近な投資術を紹介したサイトのヘッダー画像

投資を行うならNISAの活用がオススメ

NISAと書かれた付箋

「NISA(少額投資非課税制度)」とは、株式投資や投資信託を活用する個人投資家に対する税制優遇制度です。
通常ならば投資により発生した利益には20.315%程度の税金が掛かります。
しかし、NISAを活用した投資行為で発生した利益や配当金が非課税の対象になるのです。

 

NISAにおける3つの種類

NISA制度は、対象者や非課税枠が異なる3種類の制度から選んで活用する必要があります。
それぞれの制度における概要を確認して、適切なNISA口座を活用しましょう。

 

(一般的な)NISA

「(一般的な)NISA」は最も標準的なNISAです。
対象者は国内在住の20歳以上の方で、投資した商品が非課税として認定される期間は「5年間」に設定されています。
非課税限度枠は「年間120万円まで」であり、5年間の合計は600万円です。
一般的なNISAとして投資家に好まれています。

 

つみたてNISA

「つみたてNISA」は毎週、若しくは毎月などの一定間隔で少額の掛け金を積み上げる投資商品を購入する際に活用できるNISAです。
非課税限度額は「年間40万円まで」と、一般的なNISAくらべてミニマムな印象を与えます。

 

一方で非課税期間は「20年間」と非常に長く、非課税限度額の合計は800万円までの設定です。
一括買い付けを望む場合と、積み立てでコツコツ投資していく場合で一般的なNISAとどちらか一方を選びましょう。

 

ジュニアNISA

「ジュニアNISA」は、国内在住の「19歳以下」の方が利用できるNISAです。
非課税期間は「5年間」なため一般的なNISAと同じですが、非課税限度額は「年間40万円まで」に設定されています。
親や祖父母が資金を提供して運用できるため、子供のための資金作りとして活用することも可能です。

 

iDeCoとの違い

比較と書かれた文字を拡大するルーペ

同じくらい知名度の高い精度として「iDeCo」が挙げられます。
iDeCoは公的年金を補完する役割を持っている私的な年金のことです。

 

同じく投資商品ですが、iDeCoは60歳になるまで運用で得られた成果を受け取れないという制限があり、公的年金と似た性質が色濃く表れています。

 

資金作りの目的で使い分けられる

両者の選び方の1つに「目的」が挙げられます。
前述したとおり、iDeCoは60歳になるまで運用で得られる利益や元本を引き出せません。
一方NISAは通常の投資行為と同様に自由な出金が行えます。

 

老後に必要な資金を確保したければiDeCoを、単純な投資にメリットを付加したい場合はNISAを選ぶと良いでしょう。

 

投資家は確実に抑えておきたい制度

NISAは投資の際に発生する税金を抑える制度です。
基本的には一般的なNISAとつみたてNISAから選ぶ形となりますが、どちらも投資家にとってメリットが大きく、これから投資を始める場合は確実に利用しておきたい制度になるのではないでしょうか。