銀行預金はリスクの低い最も身近な投資商品で、安全性が高いです。

今からできる身近な投資術を紹介したサイトのヘッダー画像

銀行預金が投資な理由

通帳を持ってガッツポーズする女性

私たちは普段から、お金を安全に保管するために銀行口座を利用しています。
しかし単純に安全のためを思って行っている預け入れの行動こそが“投資行為”なのです。

 

通常、私たちが使う普通預金口座には「金利」があります。
金利はお金を預け入れてくれたお礼として銀行から貰えるリターンです。
普通預金に預けたお金が勝手に減ってしまうことはありません。
しかし“お金を提供してリターンを得る”という図式は、投資行為そのものと言えます。

 

 

銀行には様々な種類の口座が用意されているため、全ての口座で投資効果があるわけではありません。
数ある銀行口座の中でも、私たちに最も身近な「普通預金」と「定期預金」について、ご紹介いたします。


銀行には様々な種類の口座が用意されているため、全ての口座で投資効果があるわけではありません。
数ある銀行口座の中でも、私たちに最も身近な「普通預金」と「定期預金」について、ご紹介いたします。

 


 

普通預金

蝦蟇口の小銭入れからあふれるお金

「普通預金」とは、私たちにとって最も身近な銀行の預金制度です。
口座を開設すれば自由にお金を出し入れできるため、財布のような使い方ができます。
他のサービスにおけるお金の引き落とし元としても利用できるため、公共料金などの支払いにおける手間を省くことが可能です。

 

また、預けているだけで「金利」と言う形でリターンを得られます。
最近では金利の引き下げが繰り返し行われているため、倍率は0.001%と非常に低い値ですが、お金に対する安全性を考慮しても、財布に入れておくだけよりはメリットがあるサービスです。

 

定期預金

「定期預金」とは、預金による投資を考えた際に真っ先に挙げられる代表的な預金制度です。
普通預金と異なり、お財布代わりとして気軽に現金を引き出すことはできません。
その代わり、一定期間まとまったお金の預け入れを保障することで、普通預金への預け入れより「高い金利でのリターン」が得られます。

 

普通預金より小回りがきかない口座ですが、同じ時間だけ預け入れておくならば定期預金への預け入れの方が投資効果が大きいです。
預け入れている間はお金が引き出せないために不安も残りますが、仮に定期預金預け入れの途中で銀行が破綻してしまった場合も“元本保証”の制度でお金が守られます。
非常に安全性の高い投資商品です。

 

リスクが低い投資商品である

銀行預金はお金を提供してリターンを得る仕組みを採用しているため、投資商品として認識されています。
しかし、全ての口座で金利が設定されているわけではありません。
あくまで、一部の口座におけるメリットで、その代表的な存在として「普通預金」と「定期預金」が挙げられます。

 

私たちにとって“預金=投資”と結びつかないように、あまり投資という性質は強くありません。しかし、お財布に入れておくよりは効果のある方法です。

 

 

もしも「投資に興味はあるけれど、リスクが怖い…」とお悩みの方は、銀行預金の活用を検討してみてはいかがでしょうか。


もしも「投資に興味はあるけれど、リスクが怖い…」とお悩みの方は、銀行預金の活用を検討してみてはいかがでしょうか。