外国為替証拠金取引で狙う一攫千金のチャンス

外国為替証拠金取引

 

FXとは・・・

 

FXとは正確には外国為替証拠金取引といい、外国の通貨を売買して利益を得る取引のことを言います。たとえば米ドルが1ドル100円の時に100ドル買い、それを1ドル110円の時に売ることによって11000円になって戻ってきます。この売り買いの差額の利益を稼ごうというのがFXです(単純な例のため、手数料などは計算していません。)
一見してみると外貨預金と同じように思えますが、メリットやデメリットの面で大きく変わってきます。

 

 

FX取引のメリット

 

・売りからもスタートができる
FXの取引の基本は円安で外貨を買って売る(またはその逆)ことですが、外貨の「売り」からでも取引をスタートさせることが出来るのが最大のウリ!
為替相場が円安ポジションにある場合は外貨の「売り」から始め、円高ポジションの時は外貨を「買う」ことで利益が得られることが外貨預金とは違う最大のメリットでしょう。

 

・手持ちの資金よりも大きな金額で投資できる
FXにはレバレッジと呼ばれるシステムがあります。レバレッジとは“てこ”という意味があり、手持ちの10倍や20倍ものお金を取引できる仕組みになってます。このレバレッジという仕組みのおかけで個人投資家なども参入しやすくなりました。
最初はレバレッジ100倍、200倍なども当たり前でしたが、2010年の法改正で25倍まで抑えられ、2011年の法改正ではすべてのFX会社がレバレッジの上限が25倍まで規制されました。レバレッジの幅が広いほど、自信のある取引や一度に大きな利益を生みたい人からしたらこの規制は痛いものでしたが、その分予想が外れた時のリスクも大きくなるため、まず初心者はレバレッジ3~5倍くらいに抑えておくのが一般的です。

 

・往復の手数料が1ドルあたり5銭程度
外貨預金は往復の手数料が1ドルにつき往復で2円程度かかるため、短期間での取引には不向きでした。ですが、FXは往復の手数料が1ドルあたり5銭程度で済むため、取引の手軽さも生まれました。

 

 

FX取引のデメリット

 

・ハイリターンを期待しすぎたハイリスク
FX最大のメリットであるところの「少ない投資金額で大きな差益を得られる」ということに気を取られすぎると、逆にハイリスクを負う原因となってしまいます。うまく運用することが出来れば一晩でも資本を倍以上にすることは可能ですが、その分リスクも控えているのです。
例)100万を担保にして10万ドルを買い、為替が1ドル100円⇒99円に下がった場合、損失は10万円です。
このたった1円の為替の変動によって大きく資金を増やすことが出来る反面、たった1円でも下がれば一晩で10万の損失も生んでしまうという大きなリスクを背負っているのがFXです。