初心者の方におすすめ出来る、運用しやすい投資商品を紹介しています。

今からできる身近な投資術を紹介したサイトのヘッダー画像

日常生活の延長に投資がある

引き出しにしまってある預金通帳

“投資”という言葉を聞いたときに、私たちはまず「難しそう」と思います。
実際にデイトレーダーや専業で不動産のオーナーをやっているような“プロ”の投資は、簡単に後追いできません。

 

しかし、私たちの生活と投資は近い距離にあります。例えば「銀行預金」。
お金を家で保管せず銀行の口座に預け入れている人は少なくありません。
実は、この行動こそが立派な投資行為なのです。

 

そう考えると私たちと投資は日頃から近い関係にあり、「難しくないものもある」という事実が実感できるのではないでしょうか。
以下でご紹介する商品はどれも投資に分類されます。
銀行預金のような「初心者向けの投資」が世の中にたくさんあるという事実を確認していきましょう。

 

初心者が注目すべき身近な投資商品

投資と書かれたボードと男性

iDeCo

「iDeCo」は、個人が運用する確定拠出年金です。
自分でお金を出し、自分で運用した投資のリターンが60歳以降になったら年金形式で受け取れます。
自分で投資商品を見極め、運用方針を考える必要がありますが、余り深い知識は必要としません。
税金の控除という最大のメリットがあるため、若いうちからの運用が好まれています。

 

NISA

「NISA」は、少額投資非課税制度のことです。
同じ投資行為でも、NISAを利用した上で運用すれば、投資の結果として受け取れる売却益や配当金にかかる「税金」が優遇されます。
1年間における投資額には上限がありますが、最低限度額は設定されていないため、身の丈に合った投資を模索することが可能です。

 

銀行預金

さきほどもご紹介したように「銀行預金」も投資商品です。
私たちが給与や個人の貯蓄を預け入れている普通預金口座でも金利が発生しますが、投資を本格的に見据えた銀行預金には「定期預金」が活用されています。
元本が保障されるため、投資商品の中でも安全性の高い投資が行える点がメリットです。

 

債券

「債券」は、国や企業がお金を借りる際に発行する証書です。
債券の購入によって企業に資金を提供(投資)する行為の対価として、毎月利子を受け取ることができます。
満期時には貸したお金が額面金額で返済されるため、上手くいけば“利子分の儲けが出る”という仕組みです。
特に国が発行する“国債”は満期時の返済に対して信用が高く、安定した利益が出る見込みが高いです。

 

ミニ株

通常の株式投資では、“単元株”という概念が用いられるため、購入するためにまとまったお金が必要になります。
しかし、「ミニ株」では株式が1株から購入できるため、少額での投資が可能です。
本来の株式投資の参加条件である単元株を購入できていないという意味でデメリットもあるのですが、本番の前に少し慣れが必要だと思っている状況で“練習”として有効的に活用できます。

 

投資信託

「投資信託」は、株式や債券を運用する投資商品です。
1人のお金ではなく複数の投資家から集めた資金を、投資信託に在籍する専門家が運用して利益を生み出すため、少額の資金から参加できるメリットがあります。
肝腎な運用部分はプロに一任する形ですが、専門知識がなくても投資に参加できるため、投資の入門商品としての活用が最適です。

 

ロボットアドバイザー

「ロボットアドバイザー(ロボアド)」とは、AIが資産運用をサポートしてくれるサービスです。
単純に助言をしてくれるだけのサービスと、投資の全ての作業を任せられるサービスに分けられています。
初心者ならば全てを任せられるサービスを選択すれば知識を付ける必要なく投資が可能です。

 

初心者こそプロの力を借りるべき

株価のチャートを指すサラリーマン

株価のチャートを指すサラリーマン

上記の商品はどれも初心者向きのもので、比較的私たちの身近にある投資商品です。
中にはプロのアドバイザーにサポートをして貰う投資方法もあります。
プロと手を取り合うというと“投資家”という感じがするものですが、初心者こそ投資信託やロボアドといった専門家の力を借りることが大切です。

 

昔と違い、初心者でも簡単に始められる資産運用はたくさんあります。
構えすぎずにまずは始めてみることが大事です。

 

「十分に勉強してから自分の力で始めたい!」という希望も十分に理解できますが、投資を早いうちから始めることがメリットになる商品もあります。
もし、現状で投資商品に興味があるのならば、数千円から始められるものを選んで挑戦してみても良いのではないでしょうか。